犬の体の機能を維持向上させるメンテナンスマッサージ、運動前後に行なうスポーツマッサージ、パピー・シニアに対してのマッサージなどを習得します。愛犬の健康維持に役立てたい方、お仕事に活かしたい方に。

山田りこ監修「ドッグマッサージ実践テクニックBOOK」が発売されました

 

 
 

IAALPドッグマッサージセラピスト(C.D.M.T.)養成講座

犬の体の機能を維持向上させるメンテナンスマッサージ、運動前後に行なうスポーツマッサージ、パピー・シニアに対してのマッサージなどを習得します。
ドッグマッサージセラピスト養成講座1・2およびプレイズタッチアドバイザーズセミナーを終了し、試験等の認定条件を満たすことで、IAALPドッグマッサージセラピスト(C.D.M.T.)として認定されます。IAALPドッグマッサージセラピストは、犬のマッサージセラピストとして様々な分野で専門的に活躍していただくための認定資格です。

 
 

 

 ①ドッグマッサージセラピスト養成講座1(ホームスタディ)

犬のマッサージを適切に行なうための知識として、実技講習の前に身につけておく必要のある内容を学習します。犬の骨格や筋肉などの仕組みを正確に理解した上で理論に基づいた適切なマッサージを行なえるよう、解剖学や機能形態学、バイオメカニクスなどの知識を学びます。
 
*各カリキュラム毎のワークシート提出により講座終了
 
【カリキュラム】

1. ドッグマッサージ概論
2. 犬の行動学
3. 犬の解剖学
4. 触れて知ること(触知)
5. 基本のマッサージテクニック
6. 犬のメンテナンスマッサージ

 7. 犬のスポーツマッサージ
8. シニアドッグのマッサージ
9. 犬のストレッチ
10. ストレスポイントマッサージ
11. トリガーポイントマッサージ
 
*カリキュラムは変更になる場合があります。

受講費

50,000円(税別)

* ドッグマッサージセラピスト養成講座2(実技講習)との同時申込で合計金額より5%OFF
* ドッグマッサージセラピスト養成講座(1+2)、フィットネストレーナー養成講座(1+2)、プレイズタッチ( forDOG + アドバイザーズ )全講座同時申込で合計金額より10%OFF

副教材(別途ご購入いただきます)

・ドッグマッサージ実践テクニックBOOK(発行元:メイツ出版)1,720円(税別)

・犬の解剖カラーリングアトラス(発行元:学窓社)3,800円(税別)

受講時間

セルフスタディ約50時間(参考学習時間) 

 
ドッグマッサージセラピスト養成講座2(実技講習)

少人数制の講義により実技指導を最重視し、自信を持って活用できる技術を体感的に身につけることができます。
 
*カリキュラムは変更になる場合があります。
 
【カリキュラム】

■Unit12時間)
・観察
・ランドマーク
■Unit22時間)
・マッサージテクニックⅠ
■Unit32時間)
・メンテナンスマッサージルーティン 頸部 前肢 胸部
■Unit42時間)
・マッサージテクニックⅡ
・メンテナンスマッサージルーティン 背部 腰部 後肢
■Unit52時間)
・スポーツマッサージ1
■Unit62時間)
・スポーツマッサージ2
■Unit72時間)
・シニアドッグへのマッサージ1

■Unit82時間)
・シニアドッグへのマッサージ2 
■Unit92時間)
・ストレッチ
■Unit102時間)
・ストレスポイントマッサージ
■Unit112時間)
・トリガーポイントマッサージ
■Unit122時間)
・総復習
■Unit133時間)
・クライアントセッション
 
*カリキュラムは変更になる場合があります。
 

受講費

148,500円(税別)

受講時間

計27時間(標準受講日数5日間) 

* 受講者都合により参加できないUnitは、Unit毎に次回開催時に振替受講相談可(Unit1、Unit2を除く)

定員

4名(最少催行人数:関東2名、その他3名)

* 振替受講者等の参加により定員を超えて開催する場合があります。

* 各Unitで最少催行人数に達しない場合は当該Unitが開催延期になる可能性があります。

受講資格

ドッグマッサージセラピスト養成講座1(ホームスタディ)申込者 *終了前でも受講可

原則として、各Unitの受講前に、養成講座1のカリキュラム(113)のうち、それぞれのUnit毎に必要となるカリキュラムのワークシートをご提出ください。

IAALPドッグマッサージセラピスト(C.D.M.T.)認定までの流れ

 

 
認定試験受験費:5,000円(税別)*オンライン筆記試験90分
認定登録費:10,000円(税別)*合格者のみ。認定証発行含む。
IAALP認定会費:年10,000円(税別)*既にIAALP認定会員の場合は不要
 
*認定試験受験資格:①+②+③
ドッグマッサージセラピスト養成講座Ⅰ&Ⅱ終了
ドッグマッサージセラピスト ケーススタディ3例提出
③ プレイズタッチfor DOG・アドバイザーズセミナー終了


講座監修・インストラクター 山田りこ

アメリカにて犬のリハビリテーションの理論と技術を習得し、日本に導入した第一人者。
テネシー大学ケーナインリハビリテーション認定プログラム獣医師コース修了。テネシー大学 Veterinary Medical Center(動物病院)リハビリテーション科にて臨床エクスターンシップに従事。
大学や専門学校、動物病院での指導のほか、数多くのメディア、動物関連雑誌、獣医療関連誌の執筆、講演等の活動を行なっている。また、動物病院や宿泊施設等における犬のリハビリテーションやドッグウェルネスについての監修も行なう。
 
一般社団法人アニマルライフパートナーズ協会 代表
財団法人 動物臨床医学会 理学療法分科会 委員
Karen Pryor Academy Certified Training Partner (KPA CTP ) 認定トレーナー
International Association of Veterinary Rehabilitation and Physical Therapy 会員
 
山田りこ プロフィール 詳細

関連出版物

 

ドッグマッサージ実践テクニックBOOK
山田りこ
(発行元:メイツ出版)
 

動物理学療法の基礎
著・山田りこ
(発行元:インターズー)
 

SURGEON 109
Vol.19 No.1 2015
「理学療法としての徒手療法・運動療法」
山田りこ、多川政弘
(発行元:インターズー)
 

SURGEON 114
Vol.19 No.6 2015
「高齢動物の運動管理」
多川政弘、山田りこ、川村知美
(発行元:インターズー)
 
  

CLINIC NOTE
2009年2月号 特集 動物理学療法の実践.1
「ヒトの手による犬へのリハビリテーションマッサージ」
「米国テネシー大学獣医学教育病院リハビリテーション科エクスターンシップを体験して」
山田りこ
(発行元:インターズー)
 

CLINIC NOTE
2009年3月号 特集 動物理学療法の実践.2
「動物理学療法のエクササイズ療法」
山田りこ
(発行元:インターズー)
 

as
2009 4 月~2011 8 隔月連載
「動物理学療法の基礎・動物理学療法とは」
Dr.Darryl L. Millis 、山田りこ
(発行元:インターズー)